review

NHK紅白歌合戦誕生秘話。今夜放送「紅白が生まれた日」

       
■「紅白音楽試合」から「紅白歌合戦」へ
さまざまな問題をクリアしながら「紅白音楽試合」は大晦日の本番を迎える。このときの出場者や選曲、歌唱順についてはっきりした資料が残っておらず、不明な点もあるが、紅白両チームから司会も含め各14組が出場したとされる。その演目は「音楽試合」というタイトルにふさわしく、近藤泉のバイオリン演奏による「ユーモレスク」に、桜井潔楽団の「長崎物語」が対抗したほか、川崎弘子の琴、福田蘭童の尺八などバラエティに富んだものとなったようだ。

このような番組の構成について司会の古川ロッパは「てんで成ってゐない」と日記で酷評している。ロッパにしてみると、両軍から15人ぐらいずつ出てきてただ歌い、司会者はそのあいまにちょっとずつしゃべるだけというのがバカバカしく思えたらしい。2時間近く司会をして、すっかりくたびれてしまったという。ロッパ自身も最後に紅組司会の水の江に対抗して、翌年正月公開の映画「東京五人男」で歌った「お風呂の歌」を披露したが、うまく歌えず忸怩たるものがあったようだ。

しかしそれはあくまでロッパの個人的な感想にすぎない。演出の近藤の証言などに従えば、番組は十分に成功を収めたといえる。番組が始まるやいなや出場歌手への声援や野次の応酬となり、スタジオ内はおおいに盛り上がったという。観客は入れなかったが、ラジオで聴くうち熱狂したファンから応援の電話があいついだほか、NHKの玄関には粉雪が舞うなかスターが出てくるのを待つ人たちで黒山の人だかりができたらしい。ただし、帰りの車など確保できない時代だったので、出場者の大半はそのままスタジオに待機して元日の始発電車で帰ってもらったとか。「このとき飲んだにごり酒のうまさといったらなかった」と近藤は後年語っている(「朝日新聞」前掲記事)。そういえば、出演依頼時にあらかじめ「自動車で送って呉れるんでなくちゃ出ない」と条件をつけていたロッパは、スタジオには残らずやはり車で帰ったのだろうか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。