bit

手塚治虫の隠れた名作『ユニコ』が全カラー完全版で復活!

       
手塚治虫のマンガと聞いて何を思い出すだろうか。『鉄腕アトム』『火の鳥』『ブラック・ジャック』など、数々の名作は今も変わらず愛され続けているが、600以上もある手塚作品の中には世間にあまり知られていないものもある。

そんな隠れた手塚作品のひとつ『ユニコ』がこの度、オールカラーの完全版で復活した。
伝説の一角獣=ユニコーンの子どもである“ユニコ”は、ビーナスの怒りにふれ、記憶を奪われたまま時空を超え、さすらいの旅を続ける。そのなかで、インディアンの子どもや、孤独なお姫様、飼い主に捨てられてしまった猫をはじめ、多くの人や動物と出会い彼らのピンチを救っていく物語だ。

1976年より雑誌『リリカ』で連載を開始し1981年に映画化もされたが、リアルタイムで知らない世代は馴染みの薄い作品かもしれない。今回オールカラーで復刊することになった経緯を手塚プロダクションの鈴木さんに伺った。
「個人的に好きな作品ですし、ユニコが好きだったという人は少なくないと思うのですが、世の中から忘れかけられている現状に、歯がゆい思いをもっていました」

鈴木さんはユニコを世に出すために、絵本化や商品化の企画を考えていたそうだ。「原作自体がほとんど出版されてなく、特にカラー版は手に入らないという状況であることに気づきました。せっかく出すのならユニコを知らない新しい世代にも知っていただきたいと思い、出版社のリトルモアさんに伺いました。リトルモアさんからぜひ出版をしたいと言っていただいたときは飛び上がって喜びました!」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月21日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。