bit

濃厚な旨味を感じる牛乳「香のしずく」は、マッシュルームの香り?

先日、ちょっと感動する牛乳に出会った。北海道の興部(おこっぺ)町にある「冨田ファーム」の「香(か)しずく」。私がこれまで飲んできた牛乳とはひと味もふた味も違う味だった。
濃厚な旨味を感じる牛乳「香のしずく」は、マッシュルームの香り?
有機牛乳「香しずく」(324円/500ml)。成分無調整、低温殺菌処理のノンホモ牛乳

飲んでみると、コクがあり、自然な甘味が口中に広がる。濃厚な旨味については、「そういえば、あるソムリエの方はマッシュルームの香りがすると表現していましたね」と聞き、もう一度飲んでみると、なるほど、確かにそんな気も。不思議なのは、これだけ濃厚なのに口当たりはサラリとして後味がすっきりしていること。喉を自然に通っていくから、何杯でも飲めそうだ。

【「香しずく」は他の牛乳と何が違うだろうか?】


冨田ファームの方に話を聞くと、同ファームの最大の特徴は「循環農法」を実践していることだという。循環農法とは、牛の排泄物を肥料として均一に農地に還元して牧草を育て、その牧草を牛が食べる……という繰り返し。化学肥料などは一切使わず、環境にやさしく、安全な牛乳を生産している。

循環農法を実践している農場は日本でも数少ない。冨田ファームが循環農法を始めるきっかけとなったのが、故・黒澤酉蔵さんの「酪農は唯一化学肥料の要らない農業である」という教え。黒澤酉蔵さんとは、酪農学園大学の創始者で、現・雪印乳業の創始者のひとりでもある。冨田ファーム社長の冨田泰雄さんは、酪農に関する資料を読みあさる中で、黒澤さんの教えに出会い、やってみようと思ったそうだ。

試行錯誤の末に循環農法による牛乳づくりを確立し、いまでは「原料に勝る技術なし」を座右の銘に掲げながら、上質な牛乳やチーズづくりに取り組む冨田さん。上質な牛乳から作るチーズのクオリティにも定評があり、数々の賞や認証も受けている。洞爺湖サミットでも提供され、フランスの名シェフ、ミッシェル・ブラス氏からも絶賛されたそうだ。

あわせて読みたい

  • オフ会も 福島県のソウルドリンク

    オフ会も 福島県のソウルドリンク

  • お米のジュース『ライスオーラ』はどんな味? 牛乳・豆乳に次ぐ"第3のミルク"

    お米のジュース『ライスオーラ』はどんな味? 牛乳・豆乳に次ぐ"第3のミルク"

  • 牛乳や加工乳、料理に向き・不向きはある?

    牛乳や加工乳、料理に向き・不向きはある?

  • 牧場の牛乳がやたらと濃くて美味しい理由

    牧場の牛乳がやたらと濃くて美味しい理由

  • コネタの記事をもっと見る 2015年4月24日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら