bit

マクドナルド、クーポンに回数・時間制限導入 ユーザーに戸惑い広がる

日本マクドナルドが商品の購入に使えるスマートフォン向けのクーポンアプリをリニューアルし、「McDonald's Japan」の提供を始めた。

今回からクーポンを使用する際に回数制限と時間制限が加わり、ユーザーからは戸惑いの声が上がっているようだ。コネタ編集部でもアプリをインストールして、マクドナルドの店頭で注文してみた。

「使用していないのにクーポンが消えてしまった」


マクドナルド、クーポンに回数・時間制限導入 ユーザーに戸惑い広がる

iOS版が2015年4月20日からダウンロード可能になった「McDonald's Japan」アプリは、商品画像が大きく表示され、画面をスワイプして操作できるのが特徴だ。プッシュ通知機能でお気に入りの商品のクーポンの登場や、期間限定の商品情報なども伝えてくれる。

デザインも刷新されスタイリッシュになったが、クーポンの使用ルールが変更されたため、ユーザーからの評価は芳しくないようだ。

カスタマーレビューには、
「わかりやすくなった!期待!でもポテトクーポンは1回しか使えないの?」
「制限時間がある意味が分からない」
「使うつもりで選択したものの間違えて消してしまったら、一回のみ有効ということで使用していないのにクーポンが消えてしまった」

など厳しめの言葉が並ぶ。
マクドナルド、クーポンに回数・時間制限導入 ユーザーに戸惑い広がる

実際の使い勝手はどうなのだろう。筆者がアプリをインストールして会員登録を済ませ画面を開くと、「チキンマックナゲット 5ピース」「ドリンクM」「マックフライドポテトL」などのクーポンが鮮やかな写真とともにズラリと表示された。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース