bit

いまとそんなに変わらない大正時代の美容法 !  ダイエットや、整形手術も

女性の皆さん、毎朝メイクするのってめんどくさいですよね。特に寝坊してしまった朝など、ポイントメイクだけして慌てて家を飛び出す……なんてこともしばしば。
いまとそんなに変わらない大正時代の美容法 !  ダイエットや、整形手術も

そんなことを考えていたところ、古本屋で『美粧』(東京社)なる大正時代に書かれた本を発見。著者は藤浪芙蓉という女性で略歴等は不明だが、おそらく当時の美容研究家のような立場だったと思われる。奥付けを見ると、大正5年~大正9年の間になんと14版とあるので、本書を参考にメイクしたモダンガールも多かったのではないだろうか。若いお嬢さんから家庭の主婦まで、幅広い女性をターゲットにしたバイブル的な本だったようだ。

表紙には「BEAUTYFY」という英語があしらわれ、まるで古い洋書のような佇まい。鏡台にブラシや香水とともに置いても絵になりそうだ。花や蝶が可愛らしく、紙ではなく布の表紙というのも珍しい。

目次をざっと見てみると、
「小さな眼は如何に化粧したら大きく見えるか」「まつ毛を長く濃く密生させるには」などという、平成のいまも変わらない永遠のテーマを発見! もちろん、カラーコンタクトもつけまもなかった時代のことなので、眼のふちぎりぎりを眉墨で埋めるように黒く塗りつぶすテクニックをはじめ、椿油や重曹などを自分で調合する、まつげ美容液(!)のつくり方紹介も。
いまとそんなに変わらない大正時代の美容法 !  ダイエットや、整形手術も

これは、「垂れ下がるあごを緊縮せしむるには」のページ。二重あごを解消するべく、包帯で顔をぐるぐる巻きにしたイラスト
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク