bit

イチローの「一塁コンバート」説に反論してみる

最近、イチローがすこぶる好調だ。シーズン当初は「4番目の外野手」としてスタートしたため、代打出場が多かった。しかしレギュラー左翼手であったイエリッチが腰の故障で4月20日に離脱。その後のイチローは、イエリッチに代わって15試合連続でスタメン出場している。しかもその期間中の打率は.321であり、"代役"としては十分な働きをここまで見せている。
だが、離脱していたイエリッチが日本時間9日に戻ってくるのではと報道されている。そうなると気になるのはイチローの立場だ。ここ最近絶好調のイチローをベンチに置いておくのはなんとも勿体ない。

そのような状況である驚くべき説がネットを駆け巡っている。それは「イチローの一塁コンバート説」だ。この説が真実味を帯びる理由はある。それはチーム事情だ。マーリンズの外野手3枠はイエリッチを含めて不動のレギュラー陣が名を連ね、イチローといえどもスタメン奪取は難しい。しかし、正一塁手として期待されたモースが打撃不調でスタメンを外れているため、一塁は層が薄いのだ。

【一塁手コンバートでイップスになった過去】


しかし、この説が実現するのはなかなか難しいのではないか。
というもの、かつてイチローが一塁を守ったことが原因となり、イップス(野球でいうところの送球恐怖症)に陥ったことがあるからだ。高校時代のイチローは主に投手を任されていたが、交通事故での負傷によって一塁手に一時的にコンバートされる。一塁手は外野手や他の内野手と違い、体を逆に捻って二塁などに投げることが多い。イチローはこの逆に捻る投げ方に慣れてしまい、いざ投手や外野に戻ったときにどう投げて良いか分からない(=イップス)状態になってしまったのだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク