review

コピペ、パクリ、無断転載、どこまでが違法なのか。知らないと怖い著作権の常識

コピペ、パクリ、無断転載、どこまでが違法なのか。知らないと怖い著作権の常識
『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス)。著者の鷹野さん曰く、略称は『クリけん』。
問題:コスプレは似れば似るほど著作権に触れる可能性がある。◯か?×か?

正解は

理論的にはキャラクターの絵や映像を「複製」しているコスプレ。
イベントで着るとなれば、個人で楽しむ範囲(私的複製)と考えるのも難しいため、似れば似るほど著作権に触れる可能性があるのだとか。

ただ、コスプレも二次創作同人誌と同じように権利者が黙認するケースがほとんど。
しかし無許可で衣装を販売すれば完全にアウト。
過去には『海賊戦隊ゴーカイジャー』の無許可コスプレ衣装が摘発されたことがあるそう。まさに「海賊版」というオチに……。

こんな「著作権こぼれ話」を散りばめながら、ネット時代の著作権についてわかりやすく解説してくれる本が『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』

コピペ、パクリ、無断転載、違法アップロード、表現の自由。
知っていないと大問題な著作権の話がてんこ盛りなのだ。

引用元を書いただけでは「引用」にならない。



「まとめサイト」や「バイラルメディア」などで問題になることがある「引用」や「転載」。

引用自体は、著作権法32条(引用)により、引用元に無断で行ってよいことになっている。
「無断引用禁止」という注意書きは法的には意味がないのだ。

ただし、引用として認められるには、次の要素全てに注意しなければならない。


(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)
(出典:文化庁『著作物が自由に使える場合』

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「イベント + 大阪」のおすすめ記事

「イベント + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「イベント + 東京」のおすすめ記事

「イベント + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「イベント + 福岡」のおすすめ記事

「イベント + 福岡」のおすすめ記事をもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月14日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. イベント 大阪
  2. イベント 東京
  3. イベント 横浜

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。