review

『ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか?』そうか、だから捨てるのか…凄い、書名に偽りがない

『ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか?』

このタイトルを目にした人のうち、おそらく9割以上が、2016年の初頭に世間を騒がせた、あのミュージシャンの顔を思い浮かべるだろう。ここで名前を出そうとは思わないが、バンドがブレイクした途端に人気女性タレントと恋仲になり、アマチュア時代から支えてくれた妻を裏切ってしまった彼。

結局、糟糠の妻とは別れ、浮気相手の女性タレントとも縁が切れてしまった。世間からは「ゲス不倫」と散々にバッシングを受け、しばらく表舞台からは距離を置いていたようだが、およそ一年ほど経て、最近はまたバンドとして再始動しはじめているようだ(メンバーの生活もあるのだから、バンドの復活は良いことだと思う)。

ミュージシャンという職業は、下積み時代は苦労の連続でありながら、ひとたび成功すると億単位のお金が入ってきて生活が一変する。また、売れれば芸能界の一員として、美人女優やモデルらと知り合う機会も増える。すると中には、過去の生活を捨て去り、新しく見つけた恋人に乗り換えてしまう者もいるだろう。

それはミュージシャンに限ったことではないが、彼らばかりが目立つのもまた事実だ。そして、そんな“糟糠の妻を捨てたミュージシャン”を、世間は良識とやっかみの混じり合った剣で叩く。自分の生活には1ミリも関係ないのに、だ。

書名に偽りのない本


本書が刊行されることを知ったとき、そうした無慈悲な離婚劇の事例をおもしろおかしく紹介した本のひとつかと、最初は思った。ところが、著者の興味はそうしたスキャンダラスな部分には向かっていない。それより、前書きで「芸風や気風が千差万別であるように、(離婚の)理由も等しく同じというわけでもないのではないか。彼らには彼らなりの離婚事由があったはずなのだ」と述べているように、その理由を掘り下げることに多くページを割いている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク