bit

マグワイアとソーサ 1998年の記憶に残るホームラン争い

ホームランといえばまさに野球の華だ。そんなホームランを巡って一番世界が熱狂したのは間違いなく1998年だろう。舞台は野球の本場アメリカ。マーク・マグワイアとサミー・ソーサが主役である。お互いにメジャー史上最高のペースでホームランを量産した。

【それまでのメジャーホームラン記録】


元々ホームランのシーズン記録といえば、「野球の神様」ことベーブ・ルースの60本であった。しかし、この記録を越えようとする者が1961年に現れた。その選手の名前はロジャー・マリス。記録の更新となるとファンも応援し、熱狂するのが普通だ。しかし、マリスの場合はそうならなかった。というもの、神様といわれるベーブ・ルースの記録の更新はいわば「聖域」であり、タブー扱いされていた。そのためマリスは数々の嫌がらせを受け、地元ファンからもブーイングを受ける、コミッショナーから「試合数がルースと違うから記録を認めない」と発言されるなどの仕打ちを受けた。

【野球ファンの熱狂】


しかし、時は流れて1998年、ホームラン記録を更新しようとするマグワイアとソーサの争いにはファンが熱狂した。チケットが稀に見ぬほどよく売れ、ワールドシリーズ以上の熱気とも言われた。特にマグワイアは「現代のベーブ・ルース」とメディアから呼ばれるほどの人気であった。メジャーリーグは1994年のストライキをきっかけに観客動員数が下がっていたが、このホームラン争いによってスト以前の水準に戻った。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク