review

いまひとつ視聴率が伸びないが、奮闘は讃えたい。NHK朝ドラ「まれ」おさらい

パティシエをめざす主人公・津村希(土屋太鳳)の成長を描く朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜/脚本:篠崎絵里子〈崎の大は立〉演出:渡辺一貴、一木正恵、西村武五郎)が、6月1日(月)から第10週めに入ります。
いよいよ希とお父さんの徹(大泉洋)が能登から横浜で生活をはじめ、横浜編が本格化するにあたり、それまでの9週間54話分を一度おさらいしてみます。
いまひとつ視聴率が伸びないが、奮闘は讃えたい。NHK朝ドラ「まれ」おさらい
『連続テレビ小説 まれ Part1』NHK出版

「まれ」の主人公・希はさいしょ、これまでの朝ドラには珍しく、夢を見ない人物として登場しました。大きな夢を見るよりも「地道にコツコツ」を信条として生きてきたわけは、お父さん・徹が大きな夢を見てことごとく失敗してきたから。その失敗がもとで貧乏になった希たち家族は、東京から能登に移住してきたのです。
自分は地道にコツコツと能登で生きながら、夢をもつ人たちを応援していこうと考えていた希でしたが、カエルの子はカエル。希も次第に、自分のなかで育つ夢に抗えなくなっていきます。その夢とはお菓子作り。子供のときに食べた誕生日のケーキの味(皮肉にも徹が買ってきた)が忘れられず、作る人になりたい気持ちが日に日に強くなって、とうとう横浜で修業することになります。ところが、いろいろあっていったん能登に戻らざるを得ないことに。ちょうどその頃、母・藍子(常盤貴子)が徹と離婚すると言いだします。それは、夢を諦めかけた徹にもう一度大きな夢をかなえさせるための、藍子の苦肉の策でした。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2015年6月1日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

まれ

まれ

『まれ』は、NHKで放送されている連続テレビ小説。今回は、パティシエを目指す少女・希(まれ)の物語。幼いころ石川県能登地方に越してきた希は、 世界一のパティシエを目指し、横浜で厳しい修業に挑んでいく……

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース