review

「ちょっとこれ、カットでよろしいでしょうか」ケンコバも興奮「ドラゴンボール超」完成披露試写会レポ

2ヶ月ほど前のこと。「やっぱりフリーザ編で締めておくべきだったでしょうね」という発言が話題となった。

発言の主は、漫画『ドラゴンボール』の初代編集者、鳥嶋和彦(現・集英社専務取締役)。聞き出したのはケンドーコバヤシ。普段はCSで放送されている『漫道コバヤシ』の地上波特別編『ドラゴンボールZ 復活の「F」公開記念スペシャル』での一幕だった。

鳥嶋氏のこの発言を受け、ネットでは「やっぱり!?」「マシリトも認めた!」「いやいや、魔神ブウ編まであってのドラゴンボール」「セル編がなければトランクスがいないじゃないか!」といった論争に展開。17年ぶりに制作された劇場版アニメの集客力も含め、改めて『ドラゴンボール』というコンテンツの根強い人気ぶりを示した形だった。

この論争にまた火が付くのか? 今度の日曜、7月5日から『ドラゴンボール』の新シリーズがスタートする。

その名も『ドラゴンボール超(スーパー)』

原作者・鳥山明の原案による、魔神ブウ編のその後の世界を描いたTVアニメシリーズだ。

7月1日、『ドラゴンボール超』の第1話完成披露試写会がフジテレビで行われ、孫悟空・悟飯・悟天の3役を演じる野沢雅子、エンディングテーマ担当の4人組ロックバンド「グッドモーニングアメリカ」が登壇。そして、「事情通」としてゲスト参加したのが、上述したケンドーコバヤシだった。
「ちょっとこれ、カットでよろしいでしょうか」ケンコバも興奮「ドラゴンボール超」完成披露試写会レポ
ケンドーコバヤシ、孫悟空・悟飯・悟天の3役を演じる野沢雅子、エンディングテーマ担当の4人組ロックバンド「グッドモーニングアメリカ」、孫悟空(着ぐるみ)。

鳥山先生のイラストは世界中にファンがいる


試写会に先立ち、まず紹介されたのが鳥山明からのメッセージだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク