bit

やはりイチローは凄かった! 連続出塁記録を振り返る

西武の秋山の連続試合安打記録がとうとう「31」でストップしてしまいました。歴代1位の高橋慶彦(元広島)の33試合、歴代2位の長池徳二(元阪急)の32試合に迫っており、非常に惜しかったと言えるでしょう。

しかし、連続試合安打がストップしても連続試合出塁の記録はまだ残っています。ここで連続試合出塁の日本記録を振り返っていきましょう。

【ホームランバッターが有利?】


やはりイチローは凄かった! 連続出塁記録を振り返る

連続試合出塁の上位にはそうそうたる顔ぶれが名を連ねます。8位には49試合で元西武のカブレラが、そして7位(50試合)には王貞治がランクインしています。彼らの共通点はホームランバッターであること。連続安打と違って四球などでも記録となるため、長打を警戒されてフォアボールになることも多い長距離打者の方が、記録達成には有利に働くのではないかと考えることもできます。

【ネットで人気 あの選手もランクイン】


やはりイチローは凄かった! 連続出塁記録を振り返る

4位は60試合で小笠原道大、3位は65試合で松井秀喜と続きます。4位の小笠原は「サンキューガッツ」などと呼ばれネット人気も非常に高い選手。そして松井はもちろん、ヤンキースでも4番を務めた日本が誇るスラッガーです。
2人ともこの記録は2001年に達成しました。二人の2001年の成績を見ると小笠原が打率.339・本塁打32、松井が打率.333・本塁打36とかなりの好成績を残しています。どちらも打率も残せる上に長打力もあるため、バッテリーにとっては非常に厄介な打者であったことがよく分かります。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク