bit

全国をリヤカーで行脚 本を売り歩いてる出版社の代表がいるらしい

       
街中を巡る廃品回収車、引っ越しの時に存分に活用させていただきました。だけど呼び止めるのは、意外に大変なんですよ……。車に気付き、すぐ玄関から飛び出し、駆け足で追いかけて、カクカクシカジカを説明。あんな徐行して走ってくれてるにもかかわらず、予想以上のハァハァでした。
そういや昔は、車ではなくリヤカーの移動販売が多かったように記憶してるけど、最近めっきり見ないなぁ……。

と思いきや、今こんな人が話題になっているそうです。「立志出版社」代表取締役である田中克成氏は、なんと「全国をリヤカーで行脚」という方法で本を手売りし続けているのです。
全国をリヤカーで行脚 本を売り歩いてる出版社の代表がいるらしい
歩く、歩く。ひたすら歩く。

【どんな本を手売りしているの?】


なぜ、リヤカーなのか……を説明する前に、まずはどんな本を売り歩いているか紹介しましょう。
「私は出版という道を諦めかけていました。そんな時、飲食店を経営する実業家・高取宗茂氏の言葉で奮い立つことができたんです。その後、彼のサイトで連載されていたコラムを読むと、言葉は厳しいものの行間から“全力の応援”が感じられました。自分が作りたかった“辛い人を救える本”は、この人の文章を残してこそ果たせるのではないか?と思い立ったんです」(田中氏)
というわけで「3年で100万部売ります!」と高取氏を口説き落とし、本を執筆してくれるよう説得。『道に迷う若者へ』という一冊が出来上がります。


【リヤカーで売り歩くと決めた理由】


その後の田中氏は、この本を世に出すためだけに2013年、「立志出版社」を立ち上げました。しかし、見たことも聞いたこともない新興出版社が出す本を取り次いでくれる問屋は、現れずじまい……。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年7月26日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。