bit

真田幸村が大河ドラマに! 豪華すぎるキャスト陣から読み解けることは

先日、来年の大河ドラマ『真田丸』の主要キャストが発表になりました。主演の真田信繁(通称:幸村)役の堺雅人を筆頭にかなり豪華な出演陣でした。
出演者については後ほど言及するとして、真田幸村の呼び名で知られている真田信繁はそもそもどんな実績を残した人物なのでしょうか。今回は『真田丸』の時代考証を担当する予定の平山優氏が真田家について書いた「真田三代」(著:平山優/PHP研究所)を参考に見ていきましょう。

【真田信繁の半生とは】


■人質生活を味わった信繁
真田幸村が大河ドラマに! 豪華すぎるキャスト陣から読み解けることは

信繁というと大阪の陣のイメージがあまりに強く、早くから戦果を残したと思われがちですが、青年時代は人質生活が長かったのです。
本書によると当時17歳であった信繁は父・昌幸の命を受けて上杉家へと人質派遣されます。それから約3年後に、上杉の人質から豊臣秀吉の人質へと移ったと言われています。しかし、資料があまり残っていないこともあり、時期などの詳細は分かっていません。

ところで、なぜ青年時代の信繁は上杉、豊臣と2度の人質生活を経験しなければならなかったのでしょうか。これには昌幸のしたたかな生き残り戦略が関係します。
当時の真田家は中小大名であり、うっかりしていると簡単に徳川や豊臣のような大大名に滅ぼされてしまう。そこで昌幸は上杉、北条、豊臣と従属する家を次々変えていきました。そのため、信繁は人質として身を委ねる必要があったのです。
ちなみに信繁は上杉から豊臣に移る際、隙を見て脱走したとされており、豊臣の人質時代には秀吉から気に入られ厚遇を受けていたそうです。

あわせて読みたい

  • 黒田官兵衛 ドラマと史実の違いは

    黒田官兵衛 ドラマと史実の違いは

  • 織田信長のLINEトーク一覧!?

    織田信長のLINEトーク一覧!?

  • 甲冑と郷土史で歴史ブームを盛り上げる!! “戦国史跡ナビゲーター”の仕事とは

    甲冑と郷土史で歴史ブームを盛り上げる!! “戦国史跡ナビゲーター”の仕事とは

  • サムライの銅像も立つ、400年前からスペインで暮らす日本人子孫の集落

    サムライの銅像も立つ、400年前からスペインで暮らす日本人子孫の集落

  • コネタの記事をもっと見る 2015年7月30日のコネタ記事
    「真田幸村が大河ドラマに! 豪華すぎるキャスト陣から読み解けることは」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

       天王寺の戦いでは運河跡の崖に敵を引きつけ本陣との間ががら空きとなったら、茶臼山の西と岡山の東から本陣に攻め入る作戦だった。

      4
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース