bit

ストレス軽減に思いやり向上 GoogleもIntelも実践するマインドフルネスとは

ストレス軽減に思いやり向上 GoogleもIntelも実践するマインドフルネスとは
アメリカではIT企業に限らず、多くの企業がマインドフルネスと呼ばれる瞑想プログラムを設けている。坐禅から宗教的色彩を極力排除して発展してきたと考えられる。

故スティーブ・ジョブズが禅や瞑想に傾倒していたのは有名な話だ。しかし、ジョブズのような個人だけではなく、最近ではグーグル、インテル、アドビ、リンクトインなど世界のそうそうたる企業がこぞって瞑想を企業活動の一環として実践しているというのだ。一体どういうことなのだろう?

キーワードはマインドフルネス。直訳すると「意識的であるということ」。多くの企業が独自のマインドフルネスプログラムを設け、勤務時間内に皆で瞑想している。マインドフルネスと瞑想がどう結び付くのか、わかったようで今ひとつわかりづらい。

マインドフルネスとは?


「マインドフルでない、意識的でない状態を考えてみるとわかりやすいかも知れません」

話してくれたのは、数々のヒットビジネス書を送り出してきた編集者の松島倫明さん。今年『マインドフル・ワーク 「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える』(NHK出版)を手がけ、自らマインドフルな生き方を実践する一人だ。
ストレス軽減に思いやり向上 GoogleもIntelも実践するマインドフルネスとは
『マインドフル・ワーク』(デイヴィッド・ゲレス著/NHK出版)。アメリカのビジネスシーンでいかにマインドフルネスが主流に上がってきたかを科学的見地も交えながら紹介した一冊。スピリチュアルアレルギーの人にこそオススメだ。

「たとえば、今日ランチに行く途中どういう人とすれ違い、ランチの中身は何でどういう味がしたのかをあまり覚えてなかったりするものです。それはマインドフルではないということです」

近所の更地に以前何があったか思い出せないという経験をしたことのある人は多いと思うが、日々さまざまなことに気を取られ、周囲のものに対してきちんと意識が向いていないものだ。

「すれ違った人ならどうでもいいですが、大切な人といいレストランで食事をしている時も、きちんと相手や料理と向き合えてないことも意外と多いと思います。ネットの時代になり、SNSなどに気を取られてどんどんひどくなってきているのが現状です」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク