review

親目線で見ると泣ける「BORUTO 」 細田守 「バケモノの子」を超えたか

       
 端的に全体の不満を言えば、絵に魅力がない。構図や動きの快楽では、『バケモノの子』の圧勝。最後の方のバトルは面白かったけど、それ以外は、絵の魅力が低くてつらかった。

飯田 お! 今回は評価が真逆かー。じゃあ、対比していきましょうか。
親子&教育テーマという観点でいくと、『バケモノ』は「道を踏み誤っちゃう一郎彦と、踏みとどまる九太の差は結局なんなの? あの展開だと教育の力ってなかったことになるじゃん」という不満がある。『BORUTO』は、ズルをするだめな子どもとしてボルトを描いていて、そこからサスケやナルトと触れあうことで更正するという、きれいな流れになっている。

藤田 ぼくはそこが不満すぎますね。若いゲーム世代に、努力の価値に目覚めさせたり、親の偉大さを感じさせることがストレートすぎる。

飯田 ボルトが冒頭でマジコンを使ってRPGのキャラをいきなりレベル100にするというのが現代っぽいところ。

藤田 前作よりも現代風の世界観に変わっていて、ファミレスらしきところで主人公のボルトがゲームをしていて、チートを使う。それと、「科学忍具」という、努力なしに忍術を使える設定とが、平行するんですね。忍者としての心構えを作る修業時代だけならともかく、科学忍具は里を守るためには有効に使えるはずなので世界観と整合性がない。ナルトもコンピュータみたいなの使ってるのに。

飯田 中忍試験「では」ダメって話でしょ?

藤田 科学忍具は、ボス戦でも悪者にされてましたからね。映画全体としては否定的に描かれていた。「次世代」を描くなら、「次世代」は、科学忍具やゲーム的感覚と、古い忍者の体質を両方持っている、だからこそ、ラスボスに勝てる、みたいなのが、ベタだけど妥当な流れなのでは。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「親目線で見ると泣ける「BORUTO 」 細田守 「バケモノの子」を超えたか」の みんなの反応 1
  • とおりすがり 通報

    主人公の魅力がなさすぎる。というか不快。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。