review

「おもひでぽろぽろ」みんな同じだったねと安心するレトロブームを批判している

テレビアニメ「ちびまる子ちゃん」の放送が始まって今年で25年が経った(厳密にいえば1992年にはいったんシリーズは終了し、95年に放送が再開されて現在まで続いている)。ときは平成初め、バブルの末期、原作者のさくらももこの小学生時代の思い出にもとづくこのアニメは大ブームを巻き起こした。

「ちびまる子ちゃん」の作中の時代は、さくらももこが小学3年生だった1974年という設定になっている。テレビアニメ開始時点でいえば、たかだか16年前にすぎない。それにもかかわらず、当時25歳の女性マンガ家の描くその世界観は幅広い世代のノスタルジーを喚起した。

ひるがえっていま、仮に1990年生まれの作家が、自分の小学校3年生当時の1999年頃を舞台に作品を描いたとして、「ちびまる子ちゃん」ほどに広く共感を呼ぶことができるだろうか? そう考えるとやや疑問を抱く。
スタジオジブリ・文春文庫編『ジブリの教科書6 おもひでぽろぽろ』(文春ジブリ文庫)。「おもひでぽろぽろ」の制作裏話、識者による論考などが収録されており、作品の内容をより掘り下げるのに最適の一冊

今夜、日本テレビ系の金曜ロードSHOW!で放映される高畑勲監督のアニメ映画「おもひでぽろぽろ」にもまた同じことがいえそうである。この映画の公開は1991年、「ちびまる子ちゃん」の放送が開始された翌年だ。ただし映画の舞台となるのは1982年。物語は、主人公である27歳のOL・タエ子が、親戚の農作業を手伝うため山形を訪れるなかで自分が小学5年生のころ(1966年)に体験したさまざまなできごとを思い出すという形をとっている。

1982年の描写が「懐かしくない」のはなぜか?


編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「漫画」に関する記事

「漫画」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「漫画」の記事

次に読みたい「漫画」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク