90s

残酷すぎて苦情も 日テレで放送していた「週刊ストーリーランド」

1999年から2001年にかけて日本テレビで放送されていた「週刊ストーリーランド」という番組を覚えていますか? 毎週木曜日に俳優の西村雅彦とアナウンサーの笛吹雅子が司会をしていたこのバラエティ番組は、世の中の不思議な話をアニメにして紹介してしました。オカルト系、サスペンス系、コメディ系、恋愛系、感動系とストーリーのジャンルは多岐にわたることが特徴で、ストーリーは当然話によって異なるものの、多くの話に共通しているストーリー展開は「大どんでん返し」。
唖然とする、思いもよらなかった物語のラストも多かったこの番組を振り返っていきます。

【自作ストーリーのアニメ化を夢見た視聴者】


「週刊ストーリーランド」をフジテレビで現在も定期的に放送されている「世にも奇妙な物語」と被らせていた人も多いのではないのでしょうか。確かにオムニバス形式であることや、奇想天外な結末は両番組の共通項と言えます。
ただし、決定的に異なっているところは2箇所。「週刊ストーリーランド」は実写ではなくアニメとなっていること、そしてもうひとつはストーリーを視聴者が考えているということです。視聴者から送られてきた中から優れたストーリーを採用し、採用者には賞金が贈られていました。
最高金額は50万円と言われていましたが、実際にはよほど完成したストーリーでない限り最高金額とはならなかったそうです。

【苦情が多く寄せられた話も】


有名だったシリーズは「謎の老婆」。街角で露店を開いている謎の老婆から不思議な商品を買った客が、商品の効力によって人生が変わっていくという話なのですが、大抵使った客が不幸になって終わります。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク