review

子供を犠牲にしてまでやりたいことやっていいがかね「まれ」131話

       
朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)8月28日(金)放送。第22週「出産クッサンベイビー」第131話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出:保坂慶太
子供を犠牲にしてまでやりたいことやっていいがかね「まれ」131話
「ウイークリーステラ」8月19日発売号/NHK 出版

131話は、こんな話


歩実の発熱から、小さな命を預かることの大変さに直面した希(土屋太鳳)は、仕事をどうすべきか悩む。だが、文(田中裕子)の助言、圭太や塗師屋のスタッフの協力によって、予定通り店を再開することに。

今日の、保坂演出


冒頭、悩む希が、高志(渡辺大知)の歌「涙のふたり」をかぼぞい声で歌っています。それによって、ん? と集中力や興味を喚起させられました。いつも希望を与えてくれていた「涙のふたり」がこんなにも寂しく聴こえ、希の絶望がわかったところで(土屋太鳳の伏し目の表情もグッド)、オープニングへーー。とても洗練された演出でした。

今日の、勝手に名言1


131回は久々の名言回。
まずはこれ。

「夫婦はシーソーやさけ。片っぽや深刻なときや片っぽや笑わせてやるくらいでちょうどいいげ」(一徹/葉山奨之)

一徹、若いのに達観しています。

今日の、勝手に名言2


次はこちら。

「仲間の幸せをちゃ妬んで」(マキ/中川翔子)

一子(清水富美加)の連載コラムの第一回のタイトル「両方選べばツケが来る!?」は希を想定して書いたと解釈したマキ。「妬んで」とまで考えるところが根深い。たとえ、冗談でも。

今日の、勝手に名言3


マキの冗談を受けて、一子が弁解。

「ツキが来る!? って断定じゃのうて、ツキが来る!? ってはてなついとるさけね」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「まれ」

朝ドラ「まれ」

能登地方に家族と移住し育ったヒロイン津村希(つむら まれ)がパティシエを目指して成長していく物語。脚本は山崎絵里子が執筆するオリジナル作品で、ヒロインは土屋太鳳が演じた。2015年3月30日〜9月26日放送。

2015年8月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。