review

死神VS北川景子の闘いに決着はつくのか「探偵の探偵」今夜10話

       
「終盤の見どころは、じわじわと見えてくる死神の影だと思います」(井浦新)

北川景子演じるヒロイン・玲奈が、妹を死に追いやった悪徳探偵“死神”を追うドラマ「探偵の探偵」。9月3日放送の第8話では、死神の正体だとされる“さわやなぎなな”の個人情報を入手した。高校時代のさわやなぎは人の良さそうおばちゃんフェイス。何人もの男をたぶらかし、あの世に送ってきた魔性の女にはとても見えない。人は見た目によらないのか、それともさらに裏があるのか。
死神VS北川景子の闘いに決着はつくのか「探偵の探偵」今夜10話
ドラマ「探偵の探偵」10話より

さわやなぎ探索に注力したいところだが、またまた事件が勃発。刃物を振りかざした男に追いかけられた女がスマ・リサーチ社に逃げ込んでくる。DV被害者の拉致事件で、窪塚刑事と玲奈が助けた女性のひとりで、事件後に玲奈から手紙とブックボックス(本を模した収納箱)を受け取ったという。でも、玲奈はそんなものを贈った覚えはない。死神の罠を察知した玲奈は琴葉(川口春奈)とともに、凜を安全な場所にかくまうべく、ある町に向かう。
死神VS北川景子の闘いに決着はつくのか「探偵の探偵」今夜10話
マーティー・フリードマンと共に、主題歌「Beautiful Chaser」を担当する「超特急」。写真左からカイ(2号車)、ユースケ(6号車)、タクヤ(4号車)

「おかしいと思うでしょうが、私にとってはこれがふつうなんです」(市村凜/門脇麦)


最終回目前だというのに、まだまだキャラが増えていくこのドラマ。第9話で登場したDV被害者・市村凜を演じるのは、門脇麦。「会ったばかりの頃はあんな人じゃなかったんです……」と弱々しく肩を震わせる人妻がめっぽうハマっている。

暴力をふるわれ、言われるがままに婚姻届にサインしたという凜。琴葉が「抵抗はしなかったんですか」と訊ねると「おかしいと思うでしょうが、私にとってはこれがふつうなんです」と答える。さらに、凜は「あの人に助けられる価値があったんでしょうか」とも言い出す。“あの人”とは、亡くなった窪塚刑事のことだ。

あわせて読みたい

北川景子のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「北川景子」に関する記事

「北川景子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北川景子」の記事

次に読みたい「北川景子」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

探偵の探偵

探偵の探偵

「探偵の探偵」は松岡圭佑の同名小説が原作のテレビドラマ

2015年9月10日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。