review

門脇麦の狂気vs.DEAN FUJIOKAの癒やし「探偵の探偵」最終回の超展開を振り返る

       
いやはや、予想の斜め上をいく展開でした。

昨夜、9月17日に最終回を迎えたドラマ「探偵の探偵」(フジテレビ木曜夜10時〜)。のっけから、門脇麦がフルスロットルで爆走します。門脇演じる市村凜はDV被害者で、悪徳探偵でもあるという役どころ。オフィスのなかをぴょんぴょん飛び回りながら、猫なで声で玲奈(北川景子)を挑発したかと思うと、琴葉(川口春奈)に罵声を浴びせる。次の瞬間、可愛らしい声で話し始める。めちゃくちゃ怖い。

そりゃ、琴葉も「お姉ちゃんを殺さないで。お姉ちゃんが助かるなら、玲奈さんが死んでもいいです」って言っちゃうわけだ。だって、怖いもん。この人、どえらい狂ってる。
門脇麦の狂気vs.DEAN FUJIOKAの癒やし「探偵の探偵」最終回の超展開を振り返る
ドラマ「探偵の探偵」11話より

川口春奈がキャットファイトで鼻血ブー


凜は、琴葉の言葉をICレコーダーに録音し、玲奈に聞かせる。玲奈は言われるままに、拘束帯を腕にはめ、筋弛緩剤を打たれる。やがて、心電図モニターがフラットになり、玲奈は床に倒れ込む。万事休すか……というところからの反撃スタート。机の上のスマートフォンをつかんで、琴葉が部屋の外に駆け出す。追いかけてきた凜に押し倒され、床に顔面を打ちつけられる。女優なのよ、顔はやめて!
門脇麦の狂気vs.DEAN FUJIOKAの癒やし「探偵の探偵」最終回の超展開を振り返る
顔の傷もすっかり良くなった琴葉(川口春奈)

琴葉に馬乗りになり、首を絞める凜。背後から凜を殴り倒し、琴葉を救ったのは筋弛緩剤を打たれ、絶命したはずの玲奈だった。じつは、玲奈はこれまでの“死神”の手口からおそらく今回も筋弛緩剤が使われると予想し、筋弛緩状態から回復するための薬を調達していたという。なんという慧眼。「くやしい? 自分のバカさ加減が」という、凜のセリフをそっくりそのまま本人にお返しする。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「探偵の探偵」に関する記事

「探偵の探偵」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「探偵の探偵」の記事

次に読みたい「探偵の探偵」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

探偵の探偵

探偵の探偵

「探偵の探偵」は松岡圭佑の同名小説が原作のテレビドラマ

2015年9月18日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 探偵の探偵 ドラマ
  2. 探偵の探偵 最終回
  3. 探偵の探偵 漫画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。