review

吉田鋼太郎演じる「鬼と呼ばれた男~松永安左ェ門」のしくじり人生

       
NHKの放送90年ドラマ「経世済民の男」シリーズの第3弾(第5回)、名古屋放送局制作の「鬼と呼ばれた男~松永安左ェ門」がきょう19日21時より総合テレビで放送される。

同シリーズではこれまで高橋是清と小林一三がとりあげられ、いずれも2週連続で放送された。それが今回の松永安左ェ門(1875~1971)だけは1週のみの放送というのは制作局の力関係か、それとも人物の知名度の差もあるのだろうか。

しかし、松永安左ェ門は、その業績はもちろん、人間としての魅力や破格さからいっても高橋是清と小林一三に対しまったく遜色はない。

私が初めて松永のことを知ったのはいまから25年ほど前の中学時代、『現代日本朝日人物事典』という事典で、パナソニック創業者・松下幸之助とのツーショット写真を目にしたときだ。あの「経営の神様」が神妙な面持ちで松永の話を聞くさまに、「この松永安左ェ門ってじいさんは何者だ!?」と思ったものである。ちなみに日本の電力業界に大きな足跡を残した松永のあだ名は「電力の鬼」。今回のドラマのタイトルもそこからつけられている。
吉田鋼太郎演じる「鬼と呼ばれた男~松永安左ェ門」のしくじり人生
『現代日本朝日人物事典』(朝日新聞社)の「松永安左ェ門」の項に掲載された写真。右の松下幸之助の表情に注目。

調べてみると、明治以降の日本で活躍した経済人のなかでも、松永ほど浮き沈みの激しい人生を送った人物はそんなにはいまい。そう考えると、ドラマが1回だけで終わってしまうのももったいない気もする。

私の好みからすれば、キャスティングもシリーズ中もっともしっくりくる。主演の吉田鋼太郎はトレードマークの髭を剃り、白髪頭に眉毛も伸ばして松永本人にかなり似せている。吉田といえばNHKの朝ドラ「花子とアン」で、歌人の柳原白蓮の夫・嘉納伝助を好演したことが記憶に新しい。じつは伝助のモデルとなった実在の炭鉱経営者・伊藤伝右衛門は、松永が福岡での事業で成功しかけた時期(1910年代)、わりと近いところにいた。松永のもとにはこのころ、旧知の人物が困窮して助けを求めてきている。結局その人は、親戚がちょうど福岡の鉱山監督局長をしており、その夫人が白蓮と友達だったことから伝右衛門の屋敷の執事に納まったという(

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年9月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。