review

「常々、方言に無理を感じることが多い」映画「木屋町DARUMA」イヤミ課長で人気の木下ほうかに聞く

出版拒否されるほどのタブーが描かれた小説『木屋町DARUMA』が遠藤憲一主演で映画化された。映画の詳細はこちら。
この問題作に、『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』の寝取られ夫や、『痛快TVスカッとジャパン』のイヤミ課長で人気の木下ほうかが、期待を裏切らないイヤ〜な役で出演している。それだけでなく、木下鳳華名義でキャスティングプロデューサーもつとめているのだ。いったい、木下ほうかとは何者なのか。この際だから、いろいろ伺いました!
「常々、方言に無理を感じることが多い」映画「木屋町DARUMA」イヤミ課長で人気の木下ほうかに聞く
得意のイヤな役とはうって変わって優しげな笑顔の木下ほうかさん

──今回はどういういきさつで、お仕事を?
木下 榊英雄監督の映画『GROWー愚郎ー』(07年)や『誘拐ラプソディー』(10年)などに出演していたご縁で、今回声がかかりました。確か、13年の2月、なんばグランド花月でやっていた『吉本百年物語』にぼくが出演しているところへ、榊監督が、原作者であり脚本家の丸野裕行氏をつれてきたんです。その段階では、遠藤憲一、寺島進のラインはなんとなく決まっていて。それ以外のキャスティングをぼくがやっていくことになりました。
──キャスティングを先に頼まれたんですか? 出演ではなく?
木下 どちらかというとキャスティングが先ですね。こいつを巻き込んどくと便利と思われたんでしょう(笑)。
──頼れるってことですか。その後で、出演も決まったと。
木下 そうです! で、この役がやりたいと自分で決めました。
──ではまず、キャスティングプロデューサーとしてのお話を伺います。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「出版」のニュース

次に読みたい関連記事「出版」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。