review

紙の手帳派注目「暮らしのキロク」が便利で楽しくてアナログの良さは捨てられません

秋になり、文具店に来年の手帳が並び始めました。スマートフォン全盛時代とはいえ、手帳はまだ紙のものを使っているという人も多いのではないでしょうか。

紙の手帳はスマートフォンのスケジュールとは異なり、さまざまな装飾をしたり、写真や使用済チケットを貼り付けたりと、自由度が高いのが特徴です。でも、毎回デコレーションするのは面倒で、疲れて書くのを辞めてしまった。もしくは絵心がないので、だんだん書きたくなくなってしまった。という人も多いかもしれません。

全12種類のノリ付きメモ


そんな人におすすめなのが、「暮らしのキロク」です。
暮らしのキロク。さまざまな種類があるが、今回は「COFFEE」「BOOK」「EVENT」を購入した。表紙は箔押し

暮らしのキロクは全12種類のノリ付きメモ(付箋)です。「COFFEE」「BOOK」「EVENT」など、それぞれのテーマに合わせて作られた用紙を埋めていき、手帳やノートに貼るとジャンルを記録できるというもの。

例えばBOOKだったら「タイトル」「★(おもしろさを五段階)」「著者」「ジャンル」「読了日」「あらすじ、感想」「次に読んでみたい本」の項目があります。これがCOFFEEだったら「味わいのチャート」や「豆の種類」です。GIFTだったら「誰から誰へ」や「お返し」欄があります。
紙の手帳派注目「暮らしのキロク」が便利で楽しくてアナログの良さは捨てられません
中身はそれぞれテーマに合わせたものになっているし、付箋の形も異なる

何を記入したらいいかわからない人も、サンプルがあるので迷わず書けます。メモに書ききれなかった部分は、それこそ貼った手帳にどんどん書き込みましょう。

大きさは名刺より少し大きなサイズ。ノリは全面ではなく、上部だけについている普通の付箋方式です。A5の手帳なら1ページに3枚貼れます。文庫本サイズの手帳でも、2枚は貼れます。一緒に写真やチケットを貼っても邪魔になりません。1冊につき25枚入りなのは、ちょっと少ないと感じました。ジャンルによってはすぐに使い切ってしまいそうです。

この記事の画像

「紙の手帳派注目「暮らしのキロク」が便利で楽しくてアナログの良さは捨てられません」の画像1 「紙の手帳派注目「暮らしのキロク」が便利で楽しくてアナログの良さは捨てられません」の画像2 「紙の手帳派注目「暮らしのキロク」が便利で楽しくてアナログの良さは捨てられません」の画像3 「紙の手帳派注目「暮らしのキロク」が便利で楽しくてアナログの良さは捨てられません」の画像4
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク