review

玉木宏を「あさきゆめみし」大和和紀の絵で見たい「あさが来た」9話

       
朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)10月7日(水)放送。第2週「ふたつの花びら」第9話より。原作:古川智映子 脚本:大森美香 演出:西谷真一
玉木宏を「あさきゆめみし」大和和紀の絵で見たい「あさが来た」9話
朝ドラ「あさが来た」
NHKドラマガイド「連続テレビ小説 あさが来た」Part1 NHK出版

9話は、こんな話


あさ(波瑠)は下手な字ながら、新次郎(玉木宏)に手紙の返事を書いた。だが音沙汰がない。代わりに届いたのは、昔すれ違った五代才助(のちの友厚/ディーン・フジオカ)がイギリスから送ってきた手紙だった。

9話は、おもしろ回


主な登場人物の紹介もひと通り済み、ひとりひとりのキャラを深めていく段階に入ったか、9話は、俗にいう小ネタが盛りだくさん。例えば、忠興(升毅)と梨江(寺島しのぶ)が交わす、あさとはつの今後に関する真面目なやりとりがどこか夫婦漫才のようで、ふたりであさのことを「とんでもない」「とんでもない」と連発してみたり、頑固な夫に忍従の妻がとうとう本心をむき出して怒ったり、それをこっそり聞いている女中うめ(友近)の影が障子に映っていたり。
できた女中うめは、あさにもはつにもついていってほしいと思われるほどだが、ふたつの家には同時について行けないことを申し訳なく思って、「うちの体が柿や桃みたいにササッと半分に割れたらどんなにええか」とあくまで真面目な感じで言うのもいい。

新次郎を大和和紀の絵で観たい


うめに輪をかけて巧かったのが、新次郎だ。
新次郎「こないなときはわてかて誰かて何しようが雨降りの太鼓やさい」
雁助(山内圭哉)、亀助(三宅弘城)「?」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「あさが来た」に関する記事

「あさが来た」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「あさが来た」の記事

次に読みたい「あさが来た」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「あさが来た」

朝ドラ「あさが来た」

幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子を波留が演じた。1988年に出版された古川智映子の『小説 土佐堀川』を原案とし、大森美香が脚本を手掛けている。2015年9月28日〜2016年4月2日放送。

2015年10月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。