bit

「焼さんま専用醤油」をかけて、“秋”を感じてみた 

「焼さんま専用醤油」をかけて、“秋”を感じてみた 

今年のさんまは不漁だと聞いています。結果、値段も上昇。これは、例年以上にじっくりと味わう必要があるな……。

そんな意気込みにピッタリの調味料を発見しました。1930年創業の老舗醤油醸造元「まる昌醤油醸造元」(福岡県八女市)と商品企画会社「YK STORES」(福岡県北九州市)が共同で醸造し、10月15日よりAmazonにて先行発売しているのは、その名も『焼さんま専用醤油』(税込680円)。
「さんまの美味しい季節に発売となること。そして、さんまの漁獲量と需用量が減っているというニュースを受け、国内のさんま業界を応援したく開発した醤油です。今までに発売されたさまざまな専用醤油の中に"焼さんま専用"というものが無かったのも、商品化のきっかけの一つでした」(「まる昌醤油醸造元」担当者)

ところで、何がどうなってこの醤油は「焼きさんま専用」なんだろう? まずこの醤油、北海道産の昆布をそのまま瓶詰めしているそう。結果、昆布の香りだけでなく、昆布と醤油の旨味が凝縮されている。これで、塩のとげとげしさがより抑えられます。その上、果物のだいだいによる爽やかな香りが感じられるまろやかな味になっているとのこと。
「昆布のグルタミン酸とさんまのイノシン酸がお互いに旨みを引き立て合い、相乗効果でうまみが数倍に感じられます。また通常の醤油やポン酢を脂の乗ったさんまにかけると弾いて身に絡みにくいですが、とろみをつけたことで少量でしっかり旨みを感じられるようになりました」(担当者)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク