あこがれの「絶対領域」が男でも作れる セーラー服型ルームウェア登場

以前、コネタで「女装っ子専用の更衣室」や「女装子だけが入れる図書館」を取材したことがあります。要するに、市井に「女装」が浸透している現実がある。昨今は、そんな状況です。
とは言え、モチベーションがあってもなかなか踏み出せない人は多いはず。これは、悶々とするしかないのか……?

人目のない場所でこっそり始めるライトな女装


いや、そんなことない! このモヤモヤを解消すべく、絶好のアイテムが登場しました。アイデアグッズブランド「BIBI LAB(ビビラボ)」は、10月よりセーラー服型の男性用ルームウェア『ボクセラ』を発売します。

『ボクセラ』とは「ぼくのセーラー服」の略。その名の通り、思いっきりセーラー服型です。

「当ブランドには『隠れた文化を世に紹介する』、『みんながタブー視していた業界にメスを入れる』という開発テーマがあります。そういう意味で『女装』や『オトコの娘』は1年前から注目していた大テーマでした」(担当者)

そこで同ブランドは、"女装音楽家"のけぃあずなぶるさん&"オトコの娘アイドル"仲良真澄美さん協力のもと、女装業界のイマを取材。結果、様々な状況が浮き彫りとなりました。列挙すると「男性の5~7%程度は強い女装願望を持っている(同ブランドによる推定)」、「女装家人口はクラスに一人という定説(女装家よりヒアリング)」、「大阪では日本橋などミナミエリアを中心に、20~30代の若い世代による『カジュアル女装』が台頭」。