bit

パリで日本の駅弁販売へ!フランス人に受け入れられるのか 

       
パリで日本の駅弁販売へ!フランス人に受け入れられるのか 
パリ・リヨン駅

パリで日本の駅弁が売り出される。2015年12月1日から2016年1月31日の2カ月間、パリ・リヨン駅ホール2で期間限定販売し、パリっ子に駅弁の魅力をアピールする予定だ。じつは同イベント、過去にシンガポールと台湾で行われている。今回、次の候補地としてパリが選ばれた理由は何か? 企画を手がけたJR東日本のグループ会社「日本レストランエンタプライズ」に聞いてみた。

日本で定番の弁当を用意


「パリはBENTO(弁当)の知名度が高く、欧州でも日本食への関心が高い場所だからです。そこで駅弁の可能性を検証しようと思いました。駅弁は車窓に流れ行く景色を眺めながら楽しむもの。よって、パリ市内でもTGV(フランス版新幹線)の長距離線が発着する最大のターミナル駅、パリ・リヨン駅を販売場所としました」(日本レストランエンタプライズ担当者)

販売される弁当は5種類。フランスのご当地食材、シャロレー牛をすき焼き風に味付けした「パリ・リヨン弁当」15ユーロ(約2000円)、サーモントラウトの塩焼き、玉子焼き、かまぼこ、野菜の煮物を並べた「幕の内折詰弁当」15ユーロ(約2000円)、てんぷらや巻きずしを入れた「日本のおもてなし弁当」13ユーロ(約1800円)、いなりずしや太巻がセットになった「助六寿司」8ユーロ(約1100円)、おかかと鮭のおにぎりに唐揚げやエビフライを添えた「おにぎり弁当」8ユーロ(約1100円)と定番がそろった。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月30日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。