review

すみやかに生前贈与をゲットしたい女の欲望うずまく「遺産争族」今夜4話

       
「育生くん! わたしの息子にならんか?」(河村龍太郎/伊東四朗)

向井理主演のドラマ「遺産争族」(テレビ朝日木曜よる9時)。11月5日放送の第3話では、
主人公・佐藤育生(向井理)が妻・楓(榮倉奈々)の祖父・龍太郎(伊東四朗)に突然、養子縁組を持ちかけられる。龍太郎の資産は推定10億円。養子縁組すれば、育生もれっきとした相続人の一人となる。そんな急展開に慌てふためく河村家の人々の姿が描かれた。
すみやかに生前贈与をゲットしたい女の欲望うずまく「遺産争族」今夜4話
「遺産争族」(テレビ朝日木曜よる9時)第1話より

向井理が4人目の相続人候補に浮上


他の家族がいる前で、単刀直入に養子縁組の話を切り出した龍太郎。楓は戸惑い、叔母の凛子は「わたしたちがいるじゃん!」とブーイング。楓の母親で、龍太郎の長女・陽子(余貴美子)は冗談扱いしようとするが、「息子を持つのは長年の夢だった」と龍太郎に本気をアピールされる。かつて、恒三(岸部一徳)と月子が結婚したときも、養子縁組を頼んだが断られたという。「人生最後の夢をかなえたい」と言い張る龍太郎に、周囲は言葉を失う。

これまでは相続人は陽子、月子、凛子の三姉妹のみ。ここに育生が加わると、単純計算でひとりあたりの相続分は全体の1/3から1/4に減る。何より、つい最近家族になったばかりの育生に持って行かれるのが、それぞれ面白くない。
すみやかに生前贈与をゲットしたい女の欲望うずまく「遺産争族」今夜4話
「遺産争族」(テレビ朝日木曜よる9時)第1話より

「マミーの取り分が減るってことは、マーくんの取り分が減るってことなの!」と、月子が騒げば、「さすがにお父さんの気持ちがわからない」と陽子が同調する。「楓も案外、入れ知恵したりしてー」と凛子が茶化し、姉妹仲が険悪になる。でも、「育生さんのせいで、わたしたち3人がもめるなんてしゃくにさわるじゃない〜」という月子の一声で再団結。仮想敵がいると、結束が固まるのも早いこと早いこと。

あわせて読みたい

向井理のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「向井理」に関する記事

「向井理」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「向井理」の記事

次に読みたい「向井理」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。