review

優等生的なイメージゆえに歴史から忘れ去られたゴダイゴ

       
拙著『タモリと戦後ニッポン』で、1970年代に一瞬ながらせんだみつおの時代があったことに触れた。

せんだが司会をしていた月~金の公開生番組「ぎんざNOW!」は、のちの「笑っていいとも!」のルーツの一つともいえるし、同番組中の「素人お笑い道場」というコーナーからは関根勤や小堺一機が輩出されている。所ジョージが初めてラジオに出演し、秋元康が高校時代に放送作家としてデビューしたのもせんだの番組だった。

このように言及したことが、なぜか妙に好評を受けたのだが、じつのところ、あれは高田文夫の受け売りである。高田の『誰も書けなかった「笑芸人」』では、せんだみつおと並んで「ずうとるび」「あのねのね」のひらがな名前の3組が70年代のビッグ3ならぬリトル3として再度スポットを当てられていた。

1979年はゴダイゴの時代だった!


高田文夫の本は、そんなふうに世間の大方の人が忘れているような事実を掘り起こしていたのが面白かった。最近、それと同様のさまざまな発見をもたらしてくれたのが、スージー鈴木『1979年の歌謡曲』(彩流社)である。本書ではたとえば、これまでの日本のポップス史を語るうえであまり注目されてこなかったゴダイゴおよび同バンドの中心人物だったミッキー吉野が高く評価されている。著者いわく「1979年こそはゴダイゴの時代だった」というのだ。
優等生的なイメージゆえに歴史から忘れ去られたゴダイゴ
『1979年の歌謡曲』スージー鈴木著/彩流社

世の中には、同時期に同じ世界で同等の業績を残しながら、語られやすい人とそうでない人に分かれてしまうことが多々ある。たとえばマンガでいえば、これまで何度となく論じられてきた大友克洋に対して、デビュー時に大友と同じく一部のマニアの人気を集め、のちには国民的マンガ家にまでなったいしいひさいちについてはあまり語られてこなかった印象がある。笑いの世界でいえば、タモリは昔からたしかに語られてきたとはいえ、それでもライバルと目されるビートたけしとくらべたらその量は圧倒的に少ない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。