review

トランプは映画になりにくい、トランプ自身が奇抜なエンターテインメントだから『大統領とハリウッド』

トランプは映画になりにくい、トランプ自身が奇抜なエンターテインメントだから『大統領とハリウッド』
『大統領とハリウッド』(中公新書)。著者の村田晃嗣は同志社大学法学部教授で、アメリカ外交などに関し多くの著書がある
       
きのう5月24日、アメリカのドナルド・トランプ大統領が、令和改元後初の国賓として来日した。きょう25日には、東京・両国の国技館で大相撲夏場所の千秋楽を観戦する予定だ。それも観戦は通常のVIP席ではなく、本人の希望により土俵に近い升席で、全取り組み終了後には優勝した朝乃山にトランプ杯を渡すという。いかにも、大統領就任以前よりテレビのリアリティショーで司会を務めるなど派手なパフォーマンスを繰り広げてきた同大統領らしいリクエストといえる。

トランプ大統領誕生を予見した映画


もともと実業家として有名になったトランプは大統領就任以前、テレビ番組だけでなく、映画にもたびたびカメオ出演している。クリス・コロンバス監督の「ホーム・アローン2」(1992年)には、舞台となったニューヨークのプラザ・ホテルが、当時彼が所有していたことから本人役で登場した。

一方で、いまから見るとトランプ大統領の誕生を予見したかのような映画もある。日本では「26世紀青年」のタイトルで公開された「イデオクラシー」(「衆愚政治」の意。マイク・ジャッジ監督、2006年)はそのひとつだ。これは、500年後の26世紀、アメリカ人の知能指数が著しく低下し、大企業の跋扈で荒廃した社会を描いた作品である。そこには、カマーチョという元プロレスラー兼AV男優の黒人大統領が登場し、やたらと「クソ!」を連発する。

そんな同作について、村田晃嗣『大統領とハリウッド アメリカ政治と映画の百年』

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「トランプは映画になりにくい、トランプ自身が奇抜なエンターテインメントだから『大統領とハリウッド』」の みんなの反応 1
  • 米D 通報

    コメディーになる(なってる)。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。