プリキュア史上初の3本立て「映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!」、3DCGの中編作品「プリキュアとレフィのワンダーナイト」宮本浩史監督&CGプロデューサーの野島淳志Pインタビュー。
後編では、CGでドラマを描くこと、作品の軸になっているものについてうかがった。

【インタビュー前編はこちら:プリキュアはずっとかぼちゃを頭にかぶっている予定だった。映画「プリンセスプリキュア」宮本監督に聞く

豊かな感情表現を可能にした新しいシステム


──「ワンダーナイト」では、とにかくキャラクターの表情がかわいくて、感情移入してしまいました。

宮本 ある意味、今回一番こだわったのはそこですね。『CGWORLD』11月号でもお話したんですが、今回の中編と後期EDから、新世代のCGシステムを導入したんです。このシステムだと、大きく変形させたり、変形させた上で動かしたり、動き同士を組み合わせても壊れない。アニメーターがカットの中でモデリングができてしまうんです。変顔のようなカットも、モデリングを発注するのではなく、カットの中でできてしまう。
第一印象の良い人には気を付けろ。映画「プリンセスプリキュア」宮本監督に聞く
ショックを受けるフローラの表情は「変顔」のような表現。とても自然!
(c)2015 映画Go!プリンセスプリキュア製作委員会

──そのシステムだと、アニメーターの作業数が減るんですか?

宮本 ……増えますね……(笑)。できることが増えるということは、アニメーターがやりたいことが詰め込めるようになるということなので。正直、アニメーションを作るのはどんどん大変になってきています。

──なるほど……。バトルしていく中でプリキュアやレフィが傷だらけになる、いわゆる「汚し」表現もありましたが、上品に見えました。

この記事の画像

「第一印象の良い人には気を付けろ。映画「プリンセスプリキュア」宮本監督に聞く」の画像1 「第一印象の良い人には気を付けろ。映画「プリンセスプリキュア」宮本監督に聞く」の画像2 「第一印象の良い人には気を付けろ。映画「プリンセスプリキュア」宮本監督に聞く」の画像3 「第一印象の良い人には気を付けろ。映画「プリンセスプリキュア」宮本監督に聞く」の画像4
「第一印象の良い人には気を付けろ。映画「プリンセスプリキュア」宮本監督に聞く」の画像5 「第一印象の良い人には気を付けろ。映画「プリンセスプリキュア」宮本監督に聞く」の画像6