90s

後に政治家も発覚 江角マキコの年金未納騒動

後に政治家も発覚 江角マキコの年金未納騒動
一昨年、長嶋一茂との「バカ息子騒動」で大きく注目を浴びた江角マキコ。あの騒動以来、やはり好感度も急落。レギュラー出演していた『バイキング』なども降板となり、3月末には事実上の引退状態になるのではとも言われている。

さて、そんな江角であるが、2004年にも自身のイメージを大きく失墜させていた。それは年金未納騒動である。

17年間も年金未納していた江角マキコ


2003年から社会保険庁(当時)の、「国民年金保険料納付キャンペーン」のイメージキャラクターとして起用され、江角が「将来泣いてもいいわけ?」と強く迫るCMも公開された。この一連のPRには約4億円近くの国税が使われたといわれる。

しかし、翌年の3月に江角の17年にも及ぶ年金未納が明らかとなる。芸能界入りする前、江角は実業団のバレーボール選手として2年間活動していた。退社する際、本来であれば厚生年金から国民年金へと切り替える必要があるのだが、江角はそれをしていなかった。

江角マキコ 騒動の影響でCM降板も


会見では「私としては年金を支払ってると信じていました。(略)CM出演料は私自身の心情としてはお返ししたい」と深く謝罪した江角。
しかし年金を払っていないにも関わらず、払っていると申告していたということは、税金も少なく払うことに繋がる。そのため、会見で記者から「脱税していたのでは?」と問われて、江角がしどろもどろになる場面も見られた。

この年金未納騒動によって、CM降板、ドラマなどの出演激減などの憂き目に遭う羽目に。しかしこの騒動は江角以外をも巻き込んでいくのだった……。

あわせて読みたい

  • 有吉弘行が大物芸人に「土下座謝罪」 その人物とは!?

    有吉弘行が大物芸人に「土下座謝罪」 その人物とは!?

  • 文春掲載でも話題に 酒鬼薔薇事件を改めて振り返る

    文春掲載でも話題に 酒鬼薔薇事件を改めて振り返る

  • 「ノーパンしゃぶしゃぶ」が話題に 大蔵省の汚職事件を振り返る

    「ノーパンしゃぶしゃぶ」が話題に 大蔵省の汚職事件を振り返る

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年3月12日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース