review

いよいよ本日スタート「真田丸」。ドラマを読み解く堺雅人の冴えに震える

いよいよ本日、1月10日、第1話が放送されるNHK大河ドラマ「真田丸」
真田丸とは真田幸村(信繁)のつくった砦の名前。戦国時代の終わり、信州の小国の領主の次男に生まれた真田信繁は、武田、武田、上杉、北条、織田、徳川、豊臣と仕える人物を変えながら生き延びてきて、豊臣のもと、最後まで巨大権力・徳川に対抗して散った悲劇のヒーローとして、長く愛されてきた。それだけに「真田丸」への期待も大きい。
いよいよ本日スタート「真田丸」。ドラマを読み解く堺雅人の冴えに震える
堺雅人の冴えた発言をピックアップ

「歴史は勝った人の話でしょう。負けた人の真実は残らない。だからドラマがあるのかな」

2015年の暮れ、三谷幸喜作、大河ドラマ「真田丸」の番宣で、主演の堺雅人はこのようなことを言った。
その聡明な発言に震えた。

芸能界きっての知性派・堺雅人が、戦国の知将・真田信繁を演じるのだから、ピッタリである。
ドラマ放送開始に当たって行われた堺への合同インタビューでも、じつに理知的に、三谷幸喜が描く「真田丸」を分析していて、雷に打たれたような気持ちに。俳優が主演作をこれほどまでにきちっと語れるのなら、もはや評論家は要らないと思うほどだ。
ここでは、今後、1年間放送される「真田丸」の予習に、堺の冴えた発言をピックアップしてみた。
いよいよ本日スタート「真田丸」。ドラマを読み解く堺雅人の冴えに震える
1話より、大阪夏の陣49歳の信繁は葵の旗をめがけて突撃していく

真田信繁を表すキーワードは「物ごと柔和忍辱にして強しからず」


 真田信繁のことを兄・信幸(大泉洋)が表した言葉に「物ごと柔和忍辱(にんにく)にして強(こわ)しからず。言葉少なにして怒り腹立つことなかりし」というものがあって、それが信繁を演じるキーワードになっています。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「花燃ゆ」のニュース

次に読みたい関連記事「花燃ゆ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

真田丸

真田丸

NHK大河ドラマ「真田丸」

2016年1月10日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。