90s

高田延彦の「最強」伝説! ボクシングヘビー級王者、横綱を撃破

高田延彦の「最強」伝説! ボクシングヘビー級王者、横綱を撃破
現在はバラエティ番組でも広く活躍中の元プロレスラー高田延彦。年末に復活した総合格闘技の大型イベントRIZINでは、統括本部長として「本職の場」に復帰した。
ふんどし一丁で大太鼓を叩くオープニングアクトを務めたのだが、目を見張ったのがその肉体美。総合格闘技の世界から引退して10年以上とは思えないほどにパンプアップされていたのである。それどころか、その肉体美は90年代初頭の全盛期を彷彿とさせた仕上がりだった。

写真家の宮澤正明はこう語っている。
「高田選手の身体はバランスが取れていて大変美しい。特に、30歳前後の頃の肌は素晴らしかった。筋肉の軟らかい部分と固い部分とのバランスが絶妙で、シャドウの入り具合の見事さは筆舌に尽くしがたい」
1962年生まれの高田にとって90年代初頭はまさに30歳前後。紫のパンツ&レガース姿で「プロレスリング世界ヘビー級チャンピオン」を名乗っていた頃の高田は、「最強」の肩書きにふさわしいプロレスラーだった。「最強」高田延彦、全盛期の名勝負を振り返りたい。

vsトレバー・バービック (1991年12月22日 両国国技館)


1991年5月に自身の団体「UWFインターナショナル(Uインター)」を旗揚げした高田。その年の12月には、両国国技館で「格闘技世界一決定戦」と銘打たれた大勝負が繰り広げられた。対戦相手のバービックはボクシングヘビー級の元世界チャンピオン。あのモハメド・アリを引退に追い込んだボクサーでもある。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「高田延彦の「最強」伝説! ボクシングヘビー級王者、横綱を撃破」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    でも強い相手とは戦わないヒクソンに二度も負けたんだよね。

    3
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月31日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。