bit

人口約300人の東京都利島村を歩く

人口約300人の東京都利島村を歩く

東京都内の市町村で最も面積が小さい地域として知られる利島村(としまむら)。伊豆諸島の一部で、東京都心から南に約140キロ離れた海上に位置している。人口は約300人。今回、実際に都心から利島まで行ってみた。

利島に行く3つのルート


人口約300人の東京都利島村を歩く

利島へ向かう方法はいくつかある。

1つ目は、JR浜松町駅近くの竹芝客船ターミナルで大島へ約2時間。そこからヘリで利島に行く方法。
(竹芝から大島へのジェット船大人片道4,610 円、大島から利島までのヘリ片道7,230円)
2つ目は、調布飛行場か羽田空港から大島まで飛行機で約40分、大島からヘリで向かう方法。
(片道大人11,800円~、大島から利島までのヘリ片道7,230円)
3つめは、東京から直行の高速船、約2時間20分。(片道大人4,250円~)。
※時期により料金が異なるため要確認。

離島といえども案外近いのだ。ヘリコプターはすぐに満席になるから、予約をしておいたほうがいい。
人口約300人の東京都利島村を歩く

利島は海にぐるりと囲まれているが、断崖絶壁で砂浜が無いので、島にいてもざあざあという波音は聞こえない。ときおり走る車と風の音だけが、この島の雑音となる。坂道が多くてアップダウンが激しいから、散歩だけでも息が切れる。

椿の生産は利島が日本一


人口約300人の東京都利島村を歩く

日本一の椿生産地である利島では森林の約80%を椿の木が占める。資源が限られている利島で初めて安定した仕事になったのが椿産業だという。散策をしていると、神社や民家前などあらゆる箇所に椿を見つけた。濃いめのピンクの花がきれいだ。椿が落ちて、花道ができている場所もあった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク