90s

ドラマ「高校教師」ラストシーンの衝撃 心中?寝てるだけ?

ドラマ「高校教師」ラストシーンの衝撃 心中?寝てるだけ?
教師と生徒の禁断の恋。こうしたテーマは現在ではドラマや漫画でオープンに語られているが、1993年に登場したドラマ「高校教師」はとにかく衝撃的だった。高校教師を演じたのは真田広之、女子高生を演じたのは桜井幸子である。

禁断の恋が衝撃的すぎた「高校教師」


脚本は「家なき子」や「愛という名のもとに」でおなじみの人気作家、野島伸司。
ドラマは、高校教師の羽村と女子高生の二宮が出会うところから始まる。教師と生徒という禁断の恋と知りながら惹かれあう2人だが、もちろん社会的に許されることはない。実父から近親相姦され、行き場のない二宮、生徒との関係が発覚し教職を辞すことを決めた羽村。しがらみを乗り越え、ついに堅く結ばれる2人だが……。

このドラマには、教師と生徒の禁断の恋に加え、近親相姦、教師による強姦・妊娠、同性愛など、当時はタブーとされていたショッキングなテーマに深く食い込んだことでも大きな反響を呼んだ。

さまざまな憶測を呼んだラストシーン


視聴者は毎回、運命に翻弄される主人公たちをハラハラしながら見守っていたが、もっとも衝撃を受けたのはあのラストシーンだろう。
二宮を近親相姦していた実父が死に、教師を辞めた羽村は二宮と新潟に行く約束をした。特急電車に乗り込んだ羽村と二宮は、寄り添い合って座席に体をうずめる。小指に赤い糸を巻きつけた二宮の手が、だらりと垂れ下がって物語は終了……。

当時は「これは心中だ」「いや、駆け落ちの途中で寝ているだけだ」など、さまざまな憶測を呼んだ。中には、「羽村が二宮の幻を見ている」「二宮の亡霊だ」などと主張するものもあった。これに対し、脚本家の野島伸司は「二人の生死の決定はもはや作家の圏外で、視聴者が決めればいいと思っている」と述べている。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ドラマ「高校教師」ラストシーンの衝撃 心中?寝てるだけ?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    分かったら面白くない設定?

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月18日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。