90s

GLAYブレイクまでの苦難 無理があったビジュアル系

GLAYブレイクまでの苦難 無理があったビジュアル系
500万枚突破のベスト盤、20万人動員のライブなど、ケタ違いのスケールでミュージックシーンを席巻した国民的ロックバンドGLAY。
YOSHIKIプロデュースにより華々しくデビューするも、大ヒットまでの道のりは意外と長く険しかった。その足跡を振り返りたい。

YOSHIKIプロデュースでデビューしたGLAY


ビジュアル系ブームの絶頂期となる1994年5月25日、X JAPANのYOSHIKIプロデュースの楽曲『RAIN』によりメジャーデビューしたGLAY。
当時は、黒を基調としたコスチュームに耽美なメイクの “ザ・ビジュアル系”といった出で立ちだった。

元々、TAKUROがアマチュア時代に作詞・作曲したものをYOSHIKIがアレンジした曲であり、特に作詞に関しては大幅にテコ入れが入ったためか、GLAYらしからぬ英語多めの仕上がりとなっている。
デビュー2日後には『ミュージックステーション』に出演するが、ピアノ参加のYOSHIKIのカラーが強すぎ、「YOSHIKI率いるGLAYのみなさん」といった趣に。世間的にはYOSHIKI率いるビジュアル系バンドと誤解するようなデビューだった。

当時、TBSが力を入れていたアニメ『ヤマトタケル』のタイアップが付き、インディーズ版のアルバム『灰とダイヤモンド』も同日販売。YOSHIKIプロデュースの看板も大きく約10万枚のセールスと、上々のスタートを切った。
ちなみに、「限りなく漆黒に近い純白」という伝説のキャッチコピーは、このアルバムのものだ。

あわせて読みたい

  • 音楽シーンを一変させた宇多田ヒカル デビュー当時の衝撃とは

    音楽シーンを一変させた宇多田ヒカル デビュー当時の衝撃とは

  • 国民的人気バンド チェッカーズ解散の真相とは?

    国民的人気バンド チェッカーズ解散の真相とは?

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年2月23日の90s チョベリー記事
    「GLAYブレイクまでの苦難 無理があったビジュアル系」の みんなの反応 1
    • バーグマン 通報

      はあ?何がバーグマンだよバーグマンとか言ってる場合じゃねーだろ 反省しろ

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース