90s

大コケした「Jリーグドラマ」の数々を振り返る 大鶴義丹の運命を変えた作品も

大コケした「Jリーグドラマ」の数々を振り返る 大鶴義丹の運命を変えた作品も
Jリーグ発足に沸き立った1993年。180試合で延べ323万人の観客を動員し、Jリーグ関連商品の市場規模は年間1,300億円にまで拡大するなど、世の中はJリーグブームに浮かれまくった。
そんな中、安易なサッカードラマが粗製濫造されていたのを覚えているだろうか?

バレーに負けた!?『もうひとつのJリーグ』


『もうひとつのJリーグ』は、1993年10月22日に日本テレビ系にて毎週金曜夜8時~スタート。架空のチーム「東京セインツ」の選手たちの青春を描いたドラマだ。
サッカーが上手いタレントをオーディションで選抜しリアル感を追求したのが特徴であり、読売グループの強みを生かし、ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)の全面協力により制作。永井秀樹(現在もヴェルディに所属)を始めとする当時の若手選手も出演していた。

爆弾を抱えた天才FW役に中上雅巳というのが、実に時代を感じるキャスティング。元いいとも青年隊であり、後に山瀬まみと結婚するタレントである。
高橋由美子、持田真樹と当時の人気アイドルも出演。
高橋由美子が『南くんの恋人』でブレイクするのは翌年だが、 “20世紀最後の正統派アイドル”と呼ばれ、アイドル人気はすでに最高潮だった頃に当たる。
持田真樹は前年、野島伸司脚本の衝撃作『高校教師』で、教師役の京本政樹に襲われる体当たり演技で注目を集めていた。

しかし、肝心のドラマが昭和の青春ドラマ然とした時代遅れな内容で視聴率は振るわず、全11話の予定だったが5話で打ち切りとなっている。しかも、4話放送後には2週に渡ってバレー中継を放送。視聴者の関心も薄まりまくった再開後の5話でひっそりと打ち切りという酷い仕打ちだった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月29日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。