小保方氏や野々村議員、佐村河内氏など、ここ最近は記者会見が話題となる事案が多い。会見が世間を騒がせる――といって思い出すのは、やはり雪印集団食中毒事件だろうか。戦後最大規模の集団食中毒事件である雪印集団食中毒事件、「寝てないんだよ!」の逆ギレフレーズは今も忘れられない。今回はこの事件の概要と原因について振り返ってみよう。

集団食中毒事件の概要


集団食中毒の最初の症状が確認されたのは、2000年6月25日。雪印乳業大阪工場で製造された雪印低脂肪乳を飲んだ子どもが嘔吐・下痢の症状を訴えた。6月27日には大阪市保健所が市内の病院から食中毒の疑いの通報を受け、6月30日に大阪工場に対し製品回収を指導した。

食中毒の被害は、保健所が通報を受けた頃あたりから既に各方面から報告されていた。しかし、当初大阪工場はすぐに対応しなかった。事件のプレス発表及び製品回収の開始をしたのは6月29日のことだった。公表されたことで、被害の申告者が急増した。大阪のみならず隣県の兵庫や和歌山からも被害を訴える声が発生し、被害者は総勢15000人近くにも及んだ。症状自体は、嘔吐・下痢などの比較的軽いものだったが、入院に至った患者や、小さい子供の被害者もいた。

直接的原因と主原因と拡大原因


この食中毒事件の原因は、直接的原因と、主原因、及び拡大原因と大きく3つに分類される。

直接原因は、北海道にある大樹工場の停電である。2000年3月、氷柱が落下したことにより、生産設備が不具合を起こし、3時間の停電状態となる。タンクには脱脂乳が温められた状態で放置されたため、黄色ブドウ球菌が増殖、それに付随して毒素も発生していた。