90s

赤い悪魔? 浦和レッズサポーターが起こした騒動

浦和レッズはJ2落ちなどの苦難を乗り越え、今ではJリーグのビッククラブの一つに数えられるクラブである。
しかし熱心なサポーターの一部が過激化してたびたび事件を起こしている。今回はそんなレッズサポーターが引き起こした事件を振り返りたい。

相手サポーターを閉じ込め


2008年にガンバ大阪とさいたまスタジアムで対戦した時のこと。ガンバサポーターがレッズサポーターを挑発したとして険悪な雰囲気となり、試合終了後に両サポーターがものを投げ合うなどに発展。
その後、レッズサポーターはスタジアム周辺に居座る形で取り囲み、ガンバサポーターをスタジアムから出られなくしたのだった。この取り囲みは2時間にも及び、ガンバサポーターへ罵声を浴びせ続ける。

この事態にガンバサポーターはユニフォームを脱ぎ、埼玉県警の機動隊にガードされる形でスタジアムを後にし帰路へ付くことに。この事態を重く見たJリーグは浦和レッズに対して史上最高金額の制裁金2000万円、ガンバ大阪に対して1000万円の制裁金という処分を下した。

罵声と器物破損


2010年にベガルタ仙台と宮城スタジアム(当時)で行われた一戦。レッズは28本のシュートを放ちながら1-1の引き分けに終わっため、サポーターの怒りが選手へと向かった。
試合後、レッズの選手が乗るバスを取り囲み「オ●ニー・サッカー!オ●ニー・フィンケ!」と叫び、当時の監督フィンケはバスから降りてサポーターと話し合いを持ち、選手でも坪井と阿部も話し合いをする事態へと発展。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク