90s

OASISとイギリスを2分していたブリットポップの旗手・BLUR

CDが売れない時代と言われて久しいが、逆に90年代はCDがバカ売れしていた時代だった。
当時は今ほど趣味嗜好が細分化されておらず、「とりあえず、この一枚は誰もが持っている」という作品が確かに存在したのだ。

1994年には、英国バンド・BLURがリリースした『PARK LIFE』が売れに売れていた。音楽に造詣の深いダイノジ・大谷ノブ彦氏は、音楽雑誌「CROSSBEAT」に以下のような文章を寄稿している。
「19年前に上京したとき、渋谷のHMVで『パークライフ』がバカ売れしてた。本当に大げさではなく二人に一人はレジに持っていってたもん」(『ダイノジ大谷ノブ彦の俺のROCK LIFE!』より)

好調なスタートを切るも、未だ開花しない素養


デビュー前に行われたBLURインタビューにて、ヴォーカルのデーモン・アルバーンは「10年以内に僕らは世界一のバンドになるよ」と豪語し、実際、91年8月にリリースされたデビューアルバム『Leisure』は全英7位に到達。新人としては、上々の成績を収めている。
しかし、この作品は批評家から「マッドチェスターとシューゲイザーのいいとこ取り」と評され、未だ方向性を模索している段階だと言っていい。

そして、92年3月にBLURはシングル「Popscene」を発売。のちに世を席巻するブリットポップの発端となった曲とも言われているが、チャート上は全英32位の成績に留まった。

アメリカツアーで打ちのめされ、反動でイギリスに目覚める


編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク