90s

懐メロ復活 野島伸司脚本のドラマで使われた名曲たち

2016年4月。フジテレビの月9枠で、人気子役の芦田愛菜と、連続テレビ小説『マッサン』でヒロインを演じたシャーロット・ケイト・フォックスがW主演を務める連続ドラマ『OUR HOUSE』がスタートします。このドラマで脚本を執筆するのは、野島伸司。民放・ゴールデンタイムの枠で筆を取るのは、2012年日本テレビ放送の『理想の息子』以来、実に4年ぶり。
思い返すと、90年代前半。彼はドラマ界において時代の寵児でした。『101回目のプロポーズ』『愛という名のもとに』『ひとつ屋根の下』『高校教師』『人間・失格』……。彼が描いた作品はことごとく大ヒットとなり、『ひとつ屋根の下』に至っては、第11話で、フジテレビドラマ史上、いまだ破られていない「37.8%」という空前の視聴率を記録しました。

そんな野島作品の魅力を語る上で欠かせない要素の一つが、抜群のセンスで選ばれた楽曲です。主に大手事務所などに見られる「俳優と歌手の抱き合わせ商法」が蔓延する中で、彼のやり方はかなり異端。主に懐メロを駆使して、その作品の付加価値を向上させているのです。
しかも、ドラマとの相乗効果で、その曲自体も再評価され、リバイバルブームを起こすという離れ業も何度かやってのけています。ここでは、そんな懐メロ使いの名手・野島伸司が作中で扱った名曲を、いくつか振り返っていきたいと思います。

チューリップ「サボテンの花」…『ひとつ屋根の下』


『ひとつ屋根の下』が放送開始したのは、1993年。トレンディドラマブームが終わり、次のキムタク主演作品をはじめとする「月9ブーム」が始まろうとしていた時代です。その先鞭を、『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』と共につけたのが、この作品でした。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク