90s

大騒動となった『ワンナイ』の「王シュレット事件」、CMスポンサー降板の事態に

大騒動となった『ワンナイ』の「王シュレット事件」、CMスポンサー降板の事態に
なぜ、下ネタや裸芸に人は簡単に笑ってしまうのでしょう?答えは単純。公序良俗から逸脱しているためです。それは稀代の落語家、2代目桂枝雀が唱えた「緊張の緩和」理論にもみられる、「真面目な状況にズレが生じることで、思わず笑ってしまう」という仕組みからも分かる通り。下ネタや裸は、非常に分かりやすい“ズレ”というわけです。

一般的な価値観からズレること、つまり、モラルから乖離することが笑いを生むともいえますが、テレビにはコンプライアンスがあります。しかも90年代後半から2000年代にかけては、「超・放送規制時代」ともいうべき、テレビ不遇の時。2000年に『めちゃイケ』の大人気コーナー「しりとり侍」が放送倫理・番組向上機構(BPO)の指摘により、打ち切りを余儀なくされたことは、まさに時代を象徴するかのような事件でした。
しかし、その流れに抗するかのように、“攻め”の番組を手掛ける作り手がいるのも事実。『ワンナイ』は間違いなく、そんな数少ない番組の一つでした。

人気もあった一方で批判も多かった『ワンナイ』


雨上がり決死隊、DonDokoDon、ガレッジセールなど、当時、勢いがあった吉本芸人で構成され、2000年に始まったこのバラエティ。当時は『エブナイ』というタイトルで深夜枠にて放送され、その後、何度かのタイトル変更、ゴールデンタイムへの移行などを経て、約6年の長きに渡って続きました。
番組では、雨上がりの宮迫と、ドンドコ山口のデュオ「くず」や、ガレッジセールのゴリ扮する「ゴリエ」など、名物キャラを多数輩出し、人気を博す一方、過激な演出で批判も多く浴びていたと記憶します。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「大騒動となった『ワンナイ』の「王シュレット事件」、CMスポンサー降板の事態に」の みんなの反応 2
  • 世阿弥 通報

    面白ければ何をしても良いと思っている芸人がいるがバカじゃねえの?そんな奴に限ってネタは時代遅れの連続ワンパターンギャグの連続性で見てるこっちが恥ずかしくなる。即刻辞めちまえ!

    16
  • 匿名さん 通報

    お前がやめろよ、もっと言い方考えろよ。不特定多数人間がみるページだぞ。虚勢をはればそれで相手がビビるととでも思っているのだろうか↓の主は・・。残念で仕方がない

    7
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月19日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。