90s

覚えてる?『U.F.O.仮面ヤキソバン』 マイケル富岡が「あげ玉ボンバー!」

数あるカップ焼きそばの中でも1、2を争う人気を誇る『日清焼そばU.F.O.』。
1976年の発売開始以来、ピンク・レディーやサザンオールスターズ、とんねるずなどなど、総そうたる面々がCMキャラクターを務めて来たが、もっとも強烈なインパクトがあったのは、やっぱり『U.F.O.仮面ヤキソバン』だろう。

マイケル富岡演じるヤキソバン ダサさが人気の秘密?


ヤキソバンのCMは1993年スタート。演じたのは“元祖ハーフ系2枚目タレント”マイケル富岡だ。
ヤキソバンは太陽系の彼方100億キロにあるといわれる「メン惑星ヤキソバーン」の王子であり、頭上&ベルトの『日清焼そばU.F.O.』と、胸のU.F.O.ロゴがトレードマーク。「ソースアタック」「あげ玉ボンバー」などの必殺技を持ち、麺がフニャフニャになるため水を掛けられるのが弱点であり、逆にお湯は麺がシャキッとするためにパワーアップの元とされている。カップ焼きそばの特性に則った、実に味わい深いプロフィールだ。

パッケージデザインと同じく、赤と黄色のボディスーツで全身がコーディネートされているが、その何ともいえないダサさが親しみやすさを演出。洗練されたイメージのマイケル富岡と、この野暮ったさのミスマッチが受け、大人気キャラクターとなっていった。

ライバルにデーブ・スペクター、女性版ヤキソバンとして松雪泰子も登場!


日本中のヤカンを独り占めしようと企むライバル「ケトラー」はデーブ・スペクターが演じた。デーブの怪しさや胡散臭さが存分に引き出されたハマリ役である。髪型の“焼きそば感”もマッチしていた気がしないでもない!?

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月6日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。