90s

板尾創路が少女へのわいせつ行為で逮捕されても早期復帰できた理由とは?

板尾創路が少女へのわいせつ行為で逮捕されても早期復帰できた理由とは?
元・極楽とんぼの山本圭壱の復帰が去年、ついに実現したと話題になりました。東京・下北沢駅前劇場で単独ライブを行い、約10年ぶりにお笑いのステージに上がったのです。
山本の犯した罪は、未成年少女への飲酒行為と性的暴行。言うまでもなく、公序良俗から逸脱した反社会的行為であり、許されるものではありません。ですが、過去を振り返ると、同じ罪を犯しながらもわずか8ヶ月という短期間で復帰を果たしている芸能人がいます。それは山本のかつての所属先・吉本興業に籍を置く、板尾創路です。

人気芸人だった板尾創路、突然逮捕の衝撃


90年代前半、レギュラー出演していた『ダウンタウンのごっつええ感じ』で異質な存在感を放ち、全国区の知名度を得た板尾。そんな彼が人気絶頂のときに起した事件は、世間に衝撃を与えました。
1994年、当時中学3年生の女子にわいせつな行為をしたとして、青少年健全育成条例違反容疑で板尾は逮捕されました。発覚した経緯としては、この女子中学生が別件で補導され、その取り調べの際に板尾と関係をもったことを明かしたためです。

様々な憶測を呼んだ板尾・少女わいせつ事件


この少女が自分の年齢を18歳以上と偽ったこと、それを板尾が信じたこと、そして同意の上で関係をもったこと。以上の理由から、彼へのバッシングはそこまで大きくなりませんでした。
しかしこの騒動、週刊誌やスポーツ新聞などで、様々な憶測が飛び交うことに。例えば、お年玉や腕時計などを渡すことを理由に板尾が少女を家に上がらせただとか、「ナインティナインに会わせる」と嘘をつき、呼び出して行為に及んだとか……。もう20年以上前のこと。真相は闇の中です。

あわせて読みたい

  • 「目が合ったら殺される」ダウンタウンの一番怖かった時代

    「目が合ったら殺される」ダウンタウンの一番怖かった時代

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年4月17日の90s チョベリー記事
    「板尾創路が少女へのわいせつ行為で逮捕されても早期復帰できた理由とは?」の みんなの反応 16
    • 匿名さん 通報

      一般のサラリーマンがこんな問題起こしたら、会社に復帰なん許されるん? 何なん芸能人て。ワイセツ・不倫・ドラッグ・パワハラ... 芸能人がやってるから良しとするアホな一般人もいるし考えてや

      29
    • 匿名さん 通報

      性癖は治らない。クズも治らない・・・・・。

      26
    • 匿名さん 通報

      まぁ~時代だよね、ホント2000年以降だったら消えてるよ

      15
    • 匿名さん 通報

      糞ヤクザ社会、芸能界では犯罪者がいて当たり前。だから誰も彼も復帰してくる。こんな糞業界潰すべき。

      13
    • 匿名さん 通報

      欧米ではって言ってる人がいるが、ローマン・ポランスキーとかどうなるの? ロバート・ダニー・jr も麻薬捕まってるし、ブラビもジュリエット・ルイスが未成年の頃にデートしてるのがバレて、問題になったよね。

      3
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース