90s

辞めさせるため!? 真壁刀義がデビュー前に味わったシゴキとは

辞めさせるため!? 真壁刀義がデビュー前に味わったシゴキとは
真壁刀義、というよりも「スイーツ真壁」と言う方がわかる方も多いだろう。
「スイーツ真壁」こと真壁刀義は、プロレスラーの中でもメディアの露出が多く人気のあるプロレスラー。プロレスラーなのにスイーツ好きを公言し、ヒール役をこなすリング上とのギャップもウケている、がここに辿り着くまで想像もつかない苦悩や努力を重ねてきた。

デビュー前の真壁刀義が味わった苦しみ


1996年に新日本プロレスのテストに合格した真壁は、練習生として練習に励んでいた。プロレスラーの練習がキツいのは当たり前だったが、真壁の場合は常軌を逸していたそう。
スクワットの時に声が出てなければ、殴られて一からやり直し。またある時は、フォームが悪いと殴られて一からやり直しさせられることもあった。ひどい時はヒザが故障しており、スクワットができる状態ではないにもかかわらず、無理矢理スクワットをさせられたこともあったという。そんな真壁を見て、周りは「辞めさせるためのシゴキ」と言われていた。

練習を超えたシゴキに、真壁は人知れず道場の裏で泣いていたこともあったとのこと。そんな真壁を励ましていたのは鬼軍曹とも呼ばれた山本小鉄。自分の子供のように可愛がっていた小鉄は、真壁に「強くなれ。強くなれば誰も文句を言わない」と励まし、真壁もその言葉を頼りに耐え、1997年2月にデビューを果たす。

真壁刀義のターニングポイント


しかしデビューしたはいいものの、一向に人気が出なかった真壁。それはヒールに転向しても同じだった。
そんな真壁がブレイクのきっかけとなったのは2006年。新日本の別ブランド興行『LOCK UP』のメイン終了後に乱入するも、金村キンタローに「真壁は呼んでないよ」と言われ、観客からも失笑を買うが、これが真壁のブレークのきっかけとなる。
この時の出来事を「俺のターニングポイント」と自身が語ったように、デスマッチに傾倒。観客からのブーイングに対してマイクで更に煽るなど、ヒールを突き抜けることで今の人気を獲得していったのである。
(篁五郎)

※イメージ画像はamazonより真壁刀義―Thank youな!

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月30日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。