90s

「プリンスをやめる」宣言も 急逝したプリンスの90年代を振り返る

「プリンスをやめる」宣言も 急逝したプリンスの90年代を振り返る
2016年4月22日。朝起きて、プリンスの急死を知った(現地時間では21日)。
近年も変わらず精力的な活動をみせ、コンスタントに新譜もリリースされていた。なんというか、なんだかんだずっと長生きしてそうなイメージも、根拠はないけれど勝手に持っていただけに、喪失感の一方、いまだ現実感をともなわない部分もある。
そんな「殿下」の90年代、どんなだったっけ。ちょっと思い出してみる。

90年代のプリンス


プリンスが世界的な大人気アーティストになったのは、言うまでもなく84年の「パープルレイン」の映画とアルバムのメガヒット。80年代は、「ブラックアルバム」の発売中止問題などもありながらもヒットを連発、89年には「バットマン」のサントラも大ヒットした。そして突入した90年代。

90年代のプリンスが最初にリリースしたのは、またも自身が主演・監督とつとめた映画「グラフィティ・ブリッジ」と同名のサントラだった。映画はヒットせず、アルバムもちょっとイマイチな結果に終わるという、ちょっとしょっぱめな幕開けの90‘Sプリンス。

翌年にリリースされたシングル「GETT OFF」は、ここからあらためて90年代、新しいプリンス像のスタートが感じられた。
80年代中期に活動したザ・レボリューション解散後、新たにバンド「ニュー・パワー・ジェネレーション」を結成。アルバムからの先行シングルとしてリリースされたのが、「GETT OFF」。ドラムとベースの、音が割れそうなぐらい強調された「重い」トラックがループ。80年代に印象的だった、乾いた音色のドラムマシーンのリズムとは明らかに質感が違う。独特の「プリンスミュージック」ではありながら、今までとは明らかに色の異なるイメージだ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月26日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。