90s

常盤貴子が上半身ヌードに!再放送すらNGなドラマ『悪魔のKISS』

もう今年で44歳だそうです、常盤貴子。『愛していると言ってくれ』『みにくいアヒルの子』『ビューティフルライフ』など、数々の人気ドラマに出演し、90年代後半は“連ドラの女王”と呼ばれていました。2009年には長塚京三の息子で、俳優・演出家の長塚圭史と結婚。人妻の身となった今も、その美しさは衰え知らず。むしろ、年々磨きがかかっているような感すらあるのだから、大したもの。同時に、自身の美を鼻にかけることなく、プライベートでは関西弁を使用するとっつきやすい人柄から、芸能界や事務所後輩にもファンが多い“愛され女優”でもあります。

デビュー後しばらくは下積みが続いた常盤貴子


このように今や一流芸能人の常盤貴子にも当然、下積み期間があります。多くの女性タレントが「原宿でスカウトされて…」とか「オーディションで合格して…」とかいうカタチで、スターダムの切符を手に入れていくわけですが、彼女の場合は少し違います。
自分から芸能プロ・スターダストプロモーションの門を叩いて、売り込みをかけたのです。その心意気やよし。すぐに所属が決まり、かくして1991年の夏、女優としてデビューするに至りました。しかしもちろん、すぐに売れるわけはありません。最初の1年は、原宿の歩行者天国で路上ライブの司会やドラマの脇役などといった地味な仕事を、淡々とこなしていたといいます。

ドラマ『悪魔のKISS』、寺脇康文に胸を揉みしだかれる熱演を披露!


編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク