bit

朝も昼も! “夜のお菓子”だけじゃなかった「うなぎパイ」シリーズ

1日の時間をお菓子で表現した「お菓子のフルタイム」


“夜のお菓子”のキャッチコピーでおなじみ、浜名湖名産「うなぎパイ」。これに朝や昼バージョンのシリーズがあるのをご存じだろうか。

朝のお菓子「すっぽんの郷」、昼のお菓子「しらすパイ」、さらに真夜中のお菓子「うなぎパイV.S.O.P.」まである。4つの味が楽しめる詰め合わせは、その名も「お菓子のフルタイム」(税込み2160円、3240円、5400円の3サイズ)だ。
朝も昼も! “夜のお菓子”だけじゃなかった「うなぎパイ」シリーズ
お菓子のフルタイム。直営店などで販売


この詰め合わせは、地元・浜松でも知らない人は結構いるらしい。

朝も昼も! “夜のお菓子”だけじゃなかった「うなぎパイ」シリーズ
「お菓子のフルタイム」(2160円税込、他2サイズあり)


なぜ、朝・昼・夜・真夜中のお菓子なのか?


「お菓子のフルタイム」の4商品の共通点は、「地元の水産物を使うこと」と「パイのお菓子であること」の2つ。

朝のお菓子「すっぽんの郷」の発売は1983年。現在は単品販売はしておらず、詰め合わせにしか入っていないので、かなりレア。薄くてクッキーのようで、食欲のない朝でもサクッと食べられる。とくにクセもなく甘くておいしい。

朝も昼も! “夜のお菓子”だけじゃなかった「うなぎパイ」シリーズ
「すっぽんの郷」。浜名湖はうなぎだけじゃなく、すっぽんの養殖も盛ん


昼のお菓子は、「しらすパイ」。以前は昼のお菓子は「えび汐パイ」(1985年発売)だったが、2009年に「しらすパイ」にリニューアル。甘口と辛口の2種があり、グラニュー糖をふりかけた甘口は、甘さの中にほんのり塩気も感じられる。わさびをきかせた辛口はピリッと刺激があり、ビールのおつまみに最高だ。
朝も昼も! “夜のお菓子”だけじゃなかった「うなぎパイ」シリーズ
しらすパイ。赤(上)が甘口、青(下)が辛口


「うなぎパイ」が“夜のお菓子”である理由は、ホームページに書いてある。1961年の発売当時は、高度経済成長の真っ只中。大切な家族団らんタイムである夕食のひとときに「うなぎパイ」を囲んでほしい、という思いから付けたそうだ。

あわせて読みたい

  • 静岡あるある 奇抜なローカルCM

    静岡あるある 奇抜なローカルCM

  • "富士山は静岡のもの"山梨と争い

    "富士山は静岡のもの"山梨と争い

  • コネタの記事をもっと見る 2016年5月4日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース